お知らせ | 屋根の雨漏り修理・雨樋工事・外壁工事・板金工事なら西東京市の宮本工業

お知らせ

NEWS

<西東京市 栄町> 屋根(カバールーフ)工事

10月に入っても気温が高く気が滅入りますが、快晴は作業をするのにはうってつけの天気でもあり中々バランスをとるのは難しく悩ましい毎日です。

今回は西東京市栄町で行った屋根カバールーフ工事のご紹介です。
9月初めの大雨の後に雨漏りのご相談をいただき、お見積り後に当社にご依頼くださいました。今回の作業箇所は大屋根と玄関屋根です。

まずは大屋根のカバールーフ工事から。

いきなり施工後の画像ですみません。既存カラーベストの上にルーフィングを敷き、屋根材を施工して最後に棟板金を取り付けて完成となります。今回はスリットを揃えない乱葺きで施工しました。

次は玄関屋根の平葺き工事です。

こちらは作業前に軒先がめくれていたので確認のために一部を剥がすと・・・、軒先の広小舞が見事に腐っておりました。まずはこの部分を新しい木材に取り換えて平葺きを施工いたします。

既存平葺きの上にルーフィングを敷き、カバールーフの要領でこちらも平葺きを再度施工します。
新築の場合ですと、壁際部分はモルタル壁の内側で立ち上がっていますが改修工事の場合はモルタル壁に沿う形で屋根板金を立ち上げコーキングで止水処理をします。昔はモルタル壁を割いて壁の内側で立ち上げることもありましたが、モルタルを切断してしまうことで壁内側の防水紙を切ることになってしまうことやコーキング材の止水性能の高さから最近はコーキングによる壁際の処置が一般的になりました。

ただ、当社はここにひと手間加えます。コーキング施工後に化粧水切りを取り付けしております。(画像右下参照)
これはコーキングが見えることによる後付感を無くす事とコーキングが直に紫外線に触れることによる劣化を防ぐ二つの意味で行っています。
専用部材で用意されていないメーカーの屋根材であっても屋根と同一の原板(共材)を取り寄せて自社で加工し用意をしています。これは当社が板金専門業者としての自負とこだわりです。
改修工事を終えた実際の現場などで壁際の納めなどを見ていただくと施工業者の姿勢やこだわりを窺がうこともできるかと思います。相見積もりでお見積り額を比べることも大切ですが、業者が発信する施工方法や納め方に対する考えなどを知ることもまた大切なことではないでしょうか。少しでもお役に立てる情報になればと思いこれからも発信していきます。

 

<西東京市 栄町 O様邸>
屋根材:IGヒランビー極み
下葺材:タジマPカラーEX+
原板 :JFE鋼板 極み 0.35mm

 

西東京市の雨漏り(あまもり)修理
屋根工事・雨樋工事、外壁工事・板金工事はおまかせください!!
宮本工業有限会社
TEL :042-461-2251
https://mk-sheetmetal.com

 

 

 

お知らせ一覧

CONTACT

お問い合わせ・お見積り

屋根の雨漏り修理・リフォーム、雨樋工事、外壁工事、板金工事の
お問い合わせ・無料見積りならお気軽にご連絡ください。

042-461-2251

受付時間:8:00~18:00 不定休

お問い合わせ