お知らせ | 屋根の雨漏り修理・雨樋工事・外壁工事・板金工事なら西東京市の宮本工業

お知らせ

NEWS

<大田区 池上> 幕板板金工事

比較的台風の影響が少ないようですが雨量は多いですね。東京はこれから影響がでてくるのでしょうか。今日は台風による出動の待機時間を利用して先日施工した大田区池上の幕板板金工事をご紹介いたします。

建物は築30年程のデザイナーズマンション。左右対称の吹き抜けエントランスなどお洒落な造りの建物です。デザイナーズマンションのため屋上を一般的な防水仕様にせずアーチ状の立平葺きで納めてあり、軒先部分は内樋仕様になっています。
今回はこの内樋の幕板板金部分の雨漏りを改善する工事です。

正面青色の部分が幕板です。内樋がオーバーフロー(雨水が捌け切れずに溢れる状態)した際に躯体の中に雨水が侵入して雨漏りしている状態です。原因は幕板と躯体の境目をシーリングで塞いでしまった事です。そして何故か水抜きのような管が取り付けてありました。

まずはシーリングの撤去から。綺麗にシールをしたことで完全密封になってしまい既存幕板の受け部分が完全に錆びて腐食しています。腐食した既存幕板の下端を揃え、新規に製作した幕板板金を取り付けます。今回は躯体に幕板が被さる寸法にして水切りの役割を持たせ、オーバーフローの際の水路を活かす為に躯体の固定にも「隙間」を設けました。これで正面は水が切れてオーバーフローの際も水が躯体の外に排出されるようになります。

建物には塞ぐべき隙間とそうでない隙間が存在します。今回のようにあらかじめ用意された隙間を埋めてしまったことで起こる雨漏りもあります。この見極めが私たち専門業者の腕の見せ所でもあります。

今回製作した幕板の原板は一般住宅で主に用いられる0.35mmより厚い0.6mmのガルバリウム鋼板です。板金加工については当社の強みを是非ご覧ください
RC造とはいえ板金の納め方は一般住宅とさほど変わりはありません。ただ、見た目を重視した場合などはどうしても納め難い箇所が出てきます。そこを如何に納めるかが技術と経験のなせる業ですね。

現在は屋根塗装の真っ最中。綺麗な仕上がりを再度ご紹介できればと思います。

 

<大田区 池上 E社様管理物件>
原板:JFE鋼板 和み 0.6mm

 

西東京市の雨漏り(あまもり)修理
屋根工事・外壁工事、雨樋工事・板金工事ならおまかせください!
宮本工業有限会社
TEL :042-461-2251
https://mk-sheetmetal.com

お知らせ一覧

CONTACT

お問い合わせ・お見積り

屋根の雨漏り修理・リフォーム、雨樋工事、外壁工事、板金工事の
お問い合わせ・無料見積りならお気軽にご連絡ください。

042-461-2251

受付時間:8:00~18:00 不定休

お問い合わせ