お知らせ | 屋根の雨漏り修理・雨樋工事・外壁工事・板金工事なら西東京市の宮本工業

お知らせ&ブログ

NEWS

<西東京市 泉町> 雨樋改修工事

今日は春の嵐とも言える天気でした。
月末&年度末ということもあり事務作業に勤しむ予定ではありましたが、現在施工中の大型物件の現場の様子も気になり土砂降りの雨の中ずぶ濡れになりながらの確認作業等毎度の予定外作業もこなしつつ一つ一つ確実に作業を進めております。
そして暴風雨の場合は必然的にお問い合わせも多くなり本日も数件のご連絡をいただきました。今回は雨量の多い場合の雨漏りの原因は「屋根」だけではないという事例をご紹介いたします。

天井からの雨漏りでご連絡をいただき、現調に伺うと下屋(一階屋根)の天井が染みている状態でした。
下屋が内樋(軒樋が建物内に作られている形状)になっており、二階の雨水を一度下屋の内樋に放流して排出させる構造でした。今回の雨漏りの原因は内樋の排水処理が追い付かず、尚且つ二階から絶えず雨水が放流されることによるオーバーフローによるものでした。内樋はその構造上ゴミが溜まりやすく、このゴミが仇をして排水口のドレン詰まりを起こしたり故障が多い造りでもあります。

今回の改修のポイントとしては二階雨樋の排水を内樋を経由せずに、内樋と切り分けて直接排水処理を行うようにします。外壁側に角ますを取り付けそこに二階からの竪樋を繋げます。
直接竪樋を繋げずに角ますでワンクッション置くのは空気を送り排水効率を上げる為と、もしもオーバーフローの際でも角ますの部分から雨水が溢れる事によって建物内に被害が及ばないようにするためです。そしてPますを用いて一階内樋の竪樋と結び排水させます。

また、二階軒樋の曲がり部分が破損しておりましたのでここも部分交換して終了です。

最近の雨量は建物建築時の設計排水量を超える場合も多く、排水が間に合わないためにオーバーフローを起こし雨漏りが発生してしまう場合が多く見受けられるようになりました。
ひとえに雨漏りといっても原因はさまざまです。今回のように比較的費用もかからず対処できるような場合もありますのでまずは気軽にご相談いただければと思います。
K様、ご用命誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

<西東京市 泉町 K様邸>
雨樋(竪樋)改修工事
竪樋:Panasonic たてとい60

 

西東京市の雨漏り(あまもり)修理
屋根・雨樋・外壁・板金の工事はおまかせください!!
宮本工業有限会社
TEL :042-461-2251
https://mk-sheetmetal.com

 

お知らせ一覧

CONTACT

お問い合わせ・お見積り

屋根の雨漏り修理・リフォーム、雨樋工事、外壁工事、板金工事の
お問い合わせ・無料見積りならお気軽にご連絡ください。

042-461-2251

受付時間:8:00~18:00 不定休

お問い合わせ