お知らせ | 屋根の雨漏り修理・雨樋工事・外壁工事・板金工事なら西東京市の宮本工業

お知らせ

NEWS

<西東京市 北町> 屋根(カバールーフ)工事

今日は朝から生憎の空模様、月末も近いので事務作業の傍ら先日完了した屋根工事のご紹介です。
HPを新しくしたこともあり更新の頻度も上がっています。過去数年の更新頻度の少なさは・・・、反省点ですね。最近は反響をいただくこともあり更新作業を頑張る励みになります。

今回は西東京市北町での瓦棒カバールーフ工事とベランダデッキ工事です。
既存の屋根は瓦棒(かわらぼう)葺きと呼ばれているもので屋根自体は雨漏りなどの問題はないのですが、今回は「塗装が剥げてしまうのを何とかして欲しい」というご依頼内容でした。

画像をご覧になるとお分かりになると思います。専門用語で「花が咲く」と呼ばれる状態です。原因としては屋根に使われている亜鉛鋼板と塗料の相性によるものです。塗膜を完全に剥がして再度塗装すれば収まるものなのか・・・、費用対効果を含め施主様とご相談の上で現実的な選択肢としてカバールーフ工法にて屋根工事を行うことになりました。

瓦棒葺きの弱点でもある軒先の垂木を交換して補強し既存棟板金を撤去したうえで、下葺材を敷いた上からドブ本体→合羽と板金を再度被せていきます。
こちらも後付けとなる部分の壁の立ち上げはコーキングで止水した上で化粧水切りを施工します。この化粧水切りを取り付ける際も裏側に再度コーキングを施し、正面から止めるビスも防水パッキン付きビスを用いています。ここは当社のこだわりです。最後にベランダのデッキ材も塗装の必要のない樹脂製のものに交換しました。

瓦棒葺き用のカバールーフ製品も数社から出てはいるのですが、仕上がりが工場や物置などでよくみられるルーフデッキのような見た目になってしまう事から施主様のご希望により、同形状のでの仕上がりとなるようにドブ本体と役物の全てを自社で加工することにしました。既存ドブ本体の寸法を測り下葺材を敷いた状態を考慮に入れてドブ寸法を決めGL鋼板を切断し立ち上げを作ります。同様に唐草や合羽、棟、化粧水切りも既存寸法を考慮して製作、今回はフルオーダーメイドの仕様です。

最近は改修用も含めて良い製品がたくさんあるので一から全て屋根材や役物を製作することは少なくなりましたが、当社は一から対応ができる機材設備、そして一番肝心な経験技術がありますので気兼ねなくご相談いただければと思います。

 

<西東京市 北町 F様邸>
原板  :JFE鋼板 極み 0.35mm
デッキ材:タキロン 中空形300(溝カバー付) G

 

西東京市の雨漏り(あまもり)修理
屋根工事・外壁工事、雨樋工事・板金工事ならおまかせください!
宮本工業有限会社
TEL :042-461-2251
https://mk-sheetmetal.com

お知らせ一覧

CONTACT

お問い合わせ・お見積り

屋根の雨漏り修理・リフォーム、雨樋工事、外壁工事、板金工事の
お問い合わせ・無料見積りならお気軽にご連絡ください。

042-461-2251

受付時間:8:00~18:00 不定休

お問い合わせ