お知らせ | 屋根の雨漏り修理・雨樋工事・外壁工事・板金工事なら西東京市の宮本工業

お知らせ

NEWS

<西東京市 緑町> 屋根葺き替え工事

2022年は今日から本格的に始動する予定でしたが、出鼻を挫かれる生憎の雨模様。昨日から天気予報とにらめっこしておりましたので早々に加工とお見積り作業に切り替えました。最近の天気予報はかなり正確なので予定が立ちやすくありがたいですね。そして午後はBlogの更新です。
今回は去年の暮に時間がなくBlogにUPが出来ずにいた西東京市緑町の屋根葺き替え工事のご紹介です。こちらの施主様もHPからご連絡をいただき工事のご依頼をいただきました。

既存の屋根は二階がセキスイのかわらU、中二階が瓦棒葺き、一階が和瓦葺きと三か所全て違う屋根材を用いていました。今回はこちらをスーパーガルテクトと瓦棒葺きの二種類での葺き替え工事です。
まずは二階のスーパーガルテクトから。

こちらはかわらUと呼ばれる屋根材で石綿が使用されているために撤去処分の際は有資格(許可)の処分場に持ち込まなければなりません。厳密には運搬にも許可が必要なため当社は処分場ならびに専門の運搬業者と委託契約をして適正に処分をしております。既存かわらUを撤去後に12mmのラーチベニヤで野地を増し貼りして下葺材、スーパーガルテクトの順で作業を進めていきます。

次は中二階、こちらは瓦棒葺きです。

こちらは瓦棒葺きから再度瓦棒葺きでの施工です。既存との変更点は唐草の下がりを大きく取り、合羽は継ぎ目のない一本で製作しています。また、雨押えの立ち上がりも二階鼻隠し部分を全て覆う寸法で加工して取り付けを行っています。自社で加工できる優位性を活かした施工ができますので雨仕舞も良く仕上がりにも自信があります。

そして一階はスーパーガルテクト。

既存和瓦を撤去して野地板の上にこちらも12mmのラーチベニヤを増し貼り(こちら写真撮り忘れてしましました・・・)。下葺材、スーパーガルテクトの順での施工です。ただ、一階は既存瓦屋根の納めで使用された板金の捨て谷や雨押え等の役物があるのでここの処理が腕の見せ所となります。今回も必要と判断した部分は全てメーカーの原板から製作して施工しています。

①画像左上は二階ケラバ部分です。既製品の改修用ケラバを用いましたが、下から見た際に既存の野地が見えてしまう事と下がりのラインを綺麗に通す為に淀裏を別に取り付けました。
②画像左下は既存瓦屋根に使用されていた雨押えと新規の雨押えを板金同士で掴み込みます(絡ませる)。こうすることで無駄にコーキングの処置をする必要がありません。
③画像右上は画像左下の雨押えの延長で棟を取り付けるための変形加工棟です。既存棟の寸法で納めてしまうと小さな範囲で凸凹の段差の仕上がりになってしまうため見た目がよろしくありませんので別に用意しました。
④画像右下は化粧雨押えです。この部分は画像左下の雨押えを壁雨押えとして使用することが標準の納まりですが、当社では自社で加工してあえてこの納め方をしております(化粧雨押えの下に捨て谷とエプトシーラーを用いて防水処理を行っています)。理由は板金の立ち上げの高さが低くなってしまう事、垂木や貫などの木材を不必要に使用しなければならない事、最後に壁雨押えの仕上げがコーキングの処置がむき出しな事です。

メーカーの部材は納めやすいように良く考えられて用意されていますが、あくまでベターなものです。建物は一棟一棟それぞれに個性がありますからその建物にあった納め方を考えて用意ができるならばそれがベストです。当社は板金専門業者ですからせっかくの改修工事ならばベストにより近い施工を心がけています。メーカーの部材にこだわる業者さんも当然いらっしゃると思いますが、良いか悪いかではなく施工に対する考え方の違いです。私は余計なものは省きシンプルに納めることが故障も少なく見た目もスッキリして「建物にとって良い」と考えています。
※リンク参照 スーパーガルテクト役物加工 ←クリック

そして最後は作業後の外観です。

雨樋(軒樋)は半丸樋からセキスイのΣ90に交換しました。竪樋は既存を再利用して集水器の下で再接続です。
同じ材料を使用した工事といっても内容は業者によって異なり皆が同じではありません。工事を検討される場合は相見積もりの金額だけにとらわれず、その工事の「中身」を重視することも大切にしていただければと思います。
屋根の意匠が変わり統一感や見た目もスッキリとしたことで施主様にも喜んでいただけました。F様、ご用命誠にありがとうございました。

 

<西東京市 緑町 F様邸>
屋根葺き替え工事
屋根材:IGスーパーガルテクト
下葺材:タジマPカラ-EX+
原 板:スーパーガルテクト専用10MコイルD S.シェイドブラウン 0.35mm
原 板:JFE鋼板 極み 0.35mm
軒 樋:セキスイ Σ90

 

西東京市の雨漏り(あまもり)修理
屋根・雨樋・外壁・板金の工事はおまかせください!!
宮本工業有限会社
TEL :042-461-2251
https://mk-sheetmetal.com

お知らせ一覧

CONTACT

お問い合わせ・お見積り

屋根の雨漏り修理・リフォーム、雨樋工事、外壁工事、板金工事の
お問い合わせ・無料見積りならお気軽にご連絡ください。

042-461-2251

受付時間:8:00~18:00 不定休

お問い合わせ